プロフィール

とと

Author:とと
2012年10月から約2年間ハンガリーへ。これからの海外での生活、旅行記、日々の生活で思ったこと、語学についてなど、いろいろと綴っていけたらと考えています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Wien ウィーン美術史美術館

ウィーン国立歌劇場のガイドツアーを終え、ランチを食べて、次はウィーン美術史美術館へ!
IMG_4934_convert_20130814011502.jpg

館内はフラッシュなしなら撮影OK!ヨーロッパでは博物館も美術館も写真撮影可能な所が多いです。
もちろん、撮影禁止の美術館、もしくは「特定の部屋だけ禁止」とかもあるので、入館時にスタッフ
に確認するのが一番いいですね。あと館内の写真撮影の表示を良く見ること。

入ってすぐに、驚きの豪華さ!
IMG_4937_convert_20130814011704.jpg

とりあえずまわろうか、と館内をゆっくり歩きます。館内はこんな感じの部屋がたくさん。
とにかく作品数が多いです。
IMG_4958_convert_20130814011844.jpg

この美術館には、誰もが一度は教科書などで見たことがある作品がたくさんあります。

ラファエロ 『草原の聖母』
IMG_4954_convert_20130814012041.jpg

たくさんの有名な作品がありますが、ブリューゲルの作品数はここが世界最大だそう。
私はこれが見たかったんです!
ブリューゲル 『バベルの塔』
IMG_4999_convert_20130814012346.jpg

ブリューゲル 『雪中の狩人』
IMG_5004_convert_20130814012615.jpg
この他にも「これ教科書でみた!」というブリューゲルの作品がたくさん。すご〜い。教科書で
見ただけの私がこんなに感動するのだから、絵のことが分かる人はもっと楽しいんだろうな〜。

フェルメール 『絵画芸術』
IMG_5015_convert_20130814013020.jpg

途中、カフェで休憩を挟んで見学しました。ただ見るだけでも疲れるものです。ここ広いですから。
ここのカフェもまたすごいので、それは次の記事に書きます。

見学を開始したのが、たしか午後3時前。帰りの電車時間の都合で午後5時にここを出たのですが、
時間が全っ然足りない!ゆっくり見すぎたのか?でも私的にはもっとゆっくり見たかったくらい!
もし滞在日数と時間に余裕があるなら、ここで1日使ってもいいくらい。最低でも半日は欲しいな
と思いました。

ここでの最大の心残りは、クリムトの壁画の写真を撮り忘れたこと。絶対また来ます。
スポンサーサイト

Comment

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。