プロフィール

とと

Author:とと
2012年10月から約2年間ハンガリーへ。これからの海外での生活、旅行記、日々の生活で思ったこと、語学についてなど、いろいろと綴っていけたらと考えています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Pannonhalma 見学2

前の記事の続きです。

大聖堂の建物に入る扉がとても綺麗でした。
IMG_6996_convert_20140310055359.jpg

彫られた動物にもちゃんと意味があります。オーディオガイドでとても丁寧に説明されていたのですが、
忘れてしまいました。とても興味深くて面白かったし、メモしとけば良かった。どんな動物が何を象徴
しているのか、知りたい方は是非パンノンハルマへ。また、一番上のクジャクはステンドグラスになって
いて、中から見ると綺麗でした。

続いては大聖堂。思ったよりも広く、天井が高かったです。シンプルで厳か。
IMG_7011_convert_20140310055500.jpg

続いては地下聖堂。
IMG_7021_convert_20140310055648.jpg
私はここに来たかったんです!ここにはオットー・フォン・ハプスブルク氏の心臓が納められています。
オーストリア=ハンガリー帝国の最後の皇太子で、ショプロンで開かれた「ヨーロッパ・ピクニック計画」
に深く関わった方です。ショプロンに住んで、歴史に触れる機会も多くあり、少しですが勉強もしました。
オットー・フォン・ハプスブルク氏が亡くなって、心臓がパンノンハルマに納められると聞いた時、絶対
に訪れようと決めていました。今年は「ヨーロッパ・ピクニック計画」25周年の記念すべき年です。その
年に来ることができて本当に良かった。

長くなったので、続きは次の記事で。
スポンサーサイト

Comment

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。